【FX雑学】時間帯と市場ごとの為替レートの動き

時間帯ごとの取引市場の流れ

FXは為替レートの変化をとらえて外国の通貨を売買することにより
その差益を得るという投資の手段ですが、
時間帯によっても為替レートというのは大きな変動があり得るということを、
まずはしっかりと把握しておく必要があります。

FXによって取引ができる時間帯というのは、株取引などとは違い、
業者のサーバーメンテナンスなどの時間帯を除いて、
24時間いつでもというのが原則ですが、開いている市場は時間帯によって、
東京・ロンドン・NY市場と移り変わっていきます。

通常、午前9時ごろから東京市場が開場し、お昼を挟んで、
だいたい午後3時ごろには、東京市場での取引が終了します。

その後は夏時間、冬時間といった違いはあるものの、
だいたい午後5時、6時といったころからロンドン市場が開場し、
さらに午後9時、10時といったころになると、
ニューヨーク市場が開場するという具合です。

開いている市場が異なるということは、
参加者も異なるということを示しており、
東京市場であればやはり日本の金融機関や個人投資家など
といった人たちがメインとなります。

そのため東京市場では日本円を売って
別の国の通貨を買うことが多くなるため、
為替レートも円安にすすみやすいという特徴があります。

一方、東京市場では円安の傾向だからといって、
いつまでも円安を期待したポジションをそのまま保持していると、
ロンドン市場が開場する時間帯になってから、一転して円高傾向に変わってしまい、
逆に含み損を抱えてしまうということになるかもしれません。

このようなことから、FXでできるだけ短時間で利益を上げようとするのであれば、
為替レートの挙動が東京・ロンドン・NY市場と移り変わるということを踏まえて、
東京市場で取得した建玉は東京市場が開場しているあいだに決済をして
利益を確定するといった工夫が必要になります。

ただし、東京市場で含み損になった建玉があったとしても、
ロンドン市場まで持ち越すことによって
、逆に含み益に転換するというチャンスもあるということも意味していますので、
時間帯を考慮した戦略的なトレードで利益を伸ばしたり、
損失を少なくしたりといったことも可能です。

時間帯ごとの取引市場の特徴を捉えてトレードをしていきましょう!!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック